Home > アーカイブ > 2015-01-05

2015-01-05

2015年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も,よろしくお願い申し上げます。

2014年を振り返って,個人的な10大出来事を考えてみました。

◎ 2014年 10大出来事

第1位 辺野古移設反対の首長,次々と当選

1月19日の名護市長選では稲嶺進氏,11月16日の沖縄県知事選では翁長雄志氏,と,いずれも普天間基地の辺野古移設に反対する候補者が当選しました。沖縄県民の郷土の自然と平和を守るという決意を結実することができるのか?沖縄だけでなく,私たち全国民が問われている問題です。

第2位 神美知宏全療協会長・谺雄二全原協会長 逝く

5月,ハンセン病療養所入所者の人として生きる権利の回復をめざす活動の先頭にたって闘ってこられたお二人が相次いで亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げるとともに,お二人の遺志を継ぐ責務が私たちにはあります。

第3位 仲井間清氏(第1次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団事務局長)逝く

11月,第1次嘉手納基地爆音差止訴訟の原告団事務局長であった仲井間清さんが亡くなられました。仲井間さんがおられなければ,今の第3次訴訟はありませんでした。仲井間さんのご葬儀の最中には,頭上を何度も米軍機が爆音を轟かせて飛行し,その度に読経が中断したそうです。本当に安らかに永眠していただく日を実現するため,まだまだ頑張らなければなりません。

第4位 川島保さん 逝く

8月,長島愛生園を退所(社会復帰)し,大阪で暮らしていた川島保さんが亡くなりました。飄々として,周りの人をほのぼのとさせるお人柄でしたが,新良田教室の1期生,ハンセン病国賠訴訟・長島愛生園原告第1号,熊本判決後の社会復帰者第1号と,静かな闘志と勇気を持った方でもありました。本当に惜しい方を亡くしました。合掌

第5位 厚木基地騒音差止訴訟で,自衛隊機飛行差止判決

5月,横浜地方裁判所は,厚木基地騒音差止訴訟の行政訴訟において,深夜早朝の自衛隊機の飛行差止判決を下しました。1981年の大阪空港公害訴訟の最高裁判決以降,いわば聖域化されてきた飛行差止の壁に大きな風穴を開けた判決です。残念ながら,米軍機の差止は認められませんでしたが,大きな前進であることは間違いありません。

第6位 ハンセン病療養所退所者給与金受給者遺族支援制度の法案成立

11月19日,ハンセン病療養所退所者の遺族配偶者等の経済的支援創設に関する法案(ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の改正案)が成立しました。突然の解散劇で,成立が心配されましたが,金子やすし衆議院議員(自民),同たまき雄一郎衆議院議員(民主)をはじめとする超党派の議懇プロジェクトチームの方々のご尽力で,滑り込みセーフで国会通過と相成りました。この問題は,舛添厚労大臣時代から取り組んできた課題で,足掛け6年でようやく成就したものです。これで,私自身が関わって創設された社会生活支援制度は,退所者給与金制度,退所者慰労厚労金制度,非入所者給与金とともに4つ目となりました。少しは自慢していいのでしょうか?

第7位 「ハンセン病絶対隔離政策と日本社会(無らい県運動の研究)」発刊

5月,内田博文法学教授,徳田靖之弁護士を共同代表,藤野豊教授を事務局長とする無らい県運動研究会は,「ハンセン病絶対隔離政策と日本社会(無らい県運動の研究)」(共著)を発刊しました。そうそうたる執筆陣の中で,何故か私も駄文を掲載させていただいています。

第8位 大阪弁護士会・ADR推進特別委員会の副委員長に就任

委員会参加3年目の私が何故か,副委員長に指名されました。担当は,医療ADRを中心としたADR運営の改善・充実の部会です。利用しやすく,かつ迅速・適正な解決を図ることができる医療ADRを目指して,奮闘中です。

第9位 外島保養院の歴史をのこす会設立

大阪の西淀川に建設され,室戸台風で196名の犠牲者を出し,壊滅した外島保養院の80周忌慰霊祭が9月行われました。これに合わせて,「外島保養院の歴史をのこす会」が発足しました。外島保養院を設立した2府10県(大阪,京都,兵庫,奈良,滋賀,和歌山,三重,岐阜,福井,富山,石川,鳥取)で活動する支援者・支援の会が参加してくれています。多数の風水害犠牲者を出したことも,大阪で再建が許されなかったことも,地域の偏見差別がもたらしたものです。自分たちの住む地域に療養所が無いことの意味と反省・責任をこの会の活動を通じて勉強し,訴えていきたいと思います。

第10位 初の最高裁弁論

1月,弁護士歴27年目にして,初めて最高裁での口頭弁論を経験しました。事案は,2002年に破綻した相互信用金庫の出資者が出資相当額を損害賠償請求した事件です。私は,補助参加人・預金保険機構の代理人として関わりました。1審では相互信金側が勝訴したものの,2審では逆転敗訴,結局,最高裁でも敗訴という結果でしたが,最高裁の法廷に入れただけでもいい経験となりました。しかしいつも感じるのですが,「要塞」のような最高裁を何とかガラス張りの建物にできないかと思うのですが・・・

◎ 2015年はどうなるか

2014年を振り返ってみて,相変わらず,嘉手納基地訴訟とハンセン病問題が活動のほとんどを占めていることに,自分自身,驚いています。

そして,訃報が3つも入っているという悲しい年でした。

それでも,何か次の時代につながる息吹を感じる出来事がいくつもあった年だったように思います。

2015年は,この息吹を,確かな形にし,少しずつでも成長させなければなりません。

今年(2015年)は,

・ ヒューマン法律事務所に新たに青砥洋司弁護士の参加

・ 鳥取・非入所者遺族国賠訴訟の結審,そして判決

・ 第3次嘉手納基地爆音差止訴訟の集中証拠調べ・検証と結審

が予定されています。

長年取り組んできた事件が,大きな山場を迎え,また一つの転機が訪れる予感のする年になりそうです。

全ての事件に対して,全力を尽くし,悔いをのこさぬ1年にしたいものです。

本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

Home > アーカイブ > 2015-01-05

▲ページトップ